【国内No1】速度重視におすすめConoHa WINGレンタルサーバー【ハイスペック】

conoha

こんにちわ!ヘッポコです!

今回は国内No1の表示速度を誇る高性能レンタルサーバーのConoHa WINGについてご紹介したいと思います。

このページではメリット・デメリットなどを記載していきます。

ConoHa WING を取り上げた理由は、公式に表示速度が国内No1であると宣言しているためです。

サイトの表示速度は、Googleの検索結果でも重要視されているため、表示速度は非常に重要な指標ですね。

表示速度を重視している方にはおすすめのサーバーだと思いますので、さっそく見ていきましょう。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGのメリットは以下の2つだと思います。

  • サイトの表示速度が速く安定性もある
  • 独自管理パネルがシンプルでわかりやすい
  • サポートに電話、チャット、メールがそろっている。

表示速度・安定性について

まず、表示速度についてですが、公式では、日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスを測定した結果、国内での表示速度が最速でNo1と記載されています。

では、なぜ表示速度が速いかというと、 ConoHa WING が独自にサーバーをチューニングしているからです。

具体的に言えば、超高速PHPの実行環境「LiteSpeed LSAPI」をWebサーバーのNGINXという構成で動かし、かつ、 キャッシュ機能を使っているからです。

何を言っているのかわからないかもしれませんが、この構成は他の高性能サーバーにはない、良いとこ取りをした構成と思ってください。

ポイントは LiteSpeed LSAPI という最新の環境を使っていることですね。

これによって、国内No1の表示速度を誇っています。

最後に安定性についてですが、NGINXというWebサーバーを導入していることがあげられます。

NGINX は大量のアクセスににも耐えられるWebサーバーです。

これによって、 月間稼働率99.99%以上となっています。

つまり、障害発生率が少ないということです。

これに関連して、サービス品質保証というものがあり、サーバーの月間稼働率99.99%以上を保証していますね。

安定性に関しては、99%以上は他の高性能サーバーにもよくあるので、やっぱり、特質すべきところは表示速度でしょう。

かなりハイスペックなサーバーです。


独自管理パネルについて

次に使いやすさですが、管理画面がシンプルで使いやすいです。

具体的には以下のような感じです。

左のメニューが機能ごとにまとまっていてとてもシンプルです。

初心者にもこれかな?レベルでなんとなくわかる構成なのがユーザーにとって優しいですね。

他のサーバーでは結構煩雑で初心者にとってはぱっと見わかりづらいかなとと思うのでシンプルなのはいいですね。

参考までに他のサーバーの管理画面を載せておきます。

上記のように、ちょっと項目が多いですよね。

まぁ使い方については慣れもあるので、そこまで気にしなくても良いかなとも思いますが。

サポートについて

電話、メール、チャットのサポートが無料で利用できます。

契約前の不明点も ConoHa専任のサポートスタッフが丁寧に答えれくれるのでかなりいいと思います。

対応時間は以下の通りです。

電話平日:10:00~18:00
メール平日:10:00~18:00(※24時間受付)
チャット平日:10:00~18:00

特に、他のサーバーで電話対応をしているところはかなり少ないです。

なので初心者に優しいサーバーだと思います。


そのほかだと、初期費用が無料だったり、他ユーザーの利用状況に影響されず常に安定したプランも提供してくれます。

また、サーバーとドメインを同時に契約すれば、DNSは自動的に設定完了するので楽ですね。

設定ができない初心者はドメインも一緒に ConoHa にするのがいいと思います。

ドメインで気になるWHOIS情報公開代行( 自分の個人情報が公開されれない設定 )もできるので優しいと思います。

あと記載するとしたら、他のサーバーにない機能として ConoHa WINGで公開されているWordPressサイトを別のドメインにワンクリックでコピーできる機能があったりしますね。

まぁ、これはサイトを複製して簡単に新しいサイトを作りたい方向けなので用途は限られますが。

ConoHa WINGのデメリット

次に、他社サーバーとConoHa WINGを比較した際のデメリットについて記載したいと思います。

デメリットは料金がやや高めなことですかね。

月に1200円かかります。

有名どころのエックスサーバーは3か月で1200円ですが、36か月で900円になります。

なので、若干ながら割高ですね。

表示速度より料金などを重視する人はあまり向かないサーバーだと思います。

ConoHa WING の基本的なところ

他のサーバーにもあるけど、必要な機能がちゃんとあるか記載しておきますね。

SSL( HTTPS )が無料で使えます。

Googleは2014年8月に検索結果の表示順を決めるための指標の1つにSSLを追加したので、SSLが無料で使えるのはうれしいです。

ちなみに以下のように簡単に設定できます。

STEP5

あとは、WordPressの簡単インストールが使えます。

その他だとプランのアップグレード、ダウングレードができますね。

まとめ

国内No1の表示速度という点で ConoHa WINGはおすすめのサーバーだと思います。

ただ、価格面で見ると他の高性能サーバーに少し劣りますね。

ここをどう考えるかはこのページを見ている人の考えによってかわりますが、表示速度を重視するのであれば公式サイトで具体的な内容も確認してみるがいいかなと思います。

ConoHa WING 公式サイト

14日のお試しもあるので、使ってみて気に入らなかったら、別のサーバーを検討するのがいいのはないかと思います。

ヘルプにもありますが、退会も簡単で、コントロールパネルの「アカウント設定」画面のConoHaアカウント契約情報のConoHaの退会から「ConoHaアカウントを削除する」をクリックすればOKです。

あと、余談ですが、ConoHa学割があるようです。

10%ですが、少し安くなるので学生にも良いサーバーですね。

申し込み方法も「アカウントを作成する」「電話認証/SMS認証」「お支払い方法選択」「サービスのお申し込み」の4ステップで終わるのでわかりやすく簡単です。

ConoHa についてもっと見たい方は以下から確認してみてください。

ConoHa WING 公式サイト

記事の評価をつけてみてね!
[Total: 0 Average: 0]

コメントを残す