【VTuber】Live2D キャラクターモデルに対応したPCソフト・スマホアプリ【無料/有料】


こんにちわ!へぽこんです!(*^▽^*)


今回はVTuberがよく使っている Live 2D の対応ソフトについて記載していきたいと思います。

Live 2D で VTuber をやってみたいという方は見ていってください。


今回の記事は Live2D の使い方ではなく、Live2D の覚えておかないといけない対応ソフトご紹介していきます。

Live2D といっても対応ソフトが複数あるので、オリジナルのキャラクターモデル制作する場合や、制作依頼を出す場合など相手方に対応ソフトを伝える時に把握しておいた方がよい内容になります。

今回紹介する以外にもフェイストラッキングという自分の動作を真似してキャラクターを動かしてくれるソフトが色々あるので以下を参考にしてみてください。



ここでは6種類の対応ソフトについて記載しています。

無料のソフトや無料のキャラクターの配布場所なども記載していますのでご参考にしてください。


Live2D 対応ソフト



キャラクターモデルだけあっても仕方がないので、キャラクターを動かすソフト( フェイストラッキング )についてのご紹介です。


以下はフェイストラッキングのソフトです。

これがあると自分の動きに合わせてキャラクターも動作してくれます。

PC版とスマホ版がありますが、だいたい似たようなソフトになっていますがご容赦くださいませm(__)m


ソフトの概要と各ソフトのリンク、最後におすすめのソフトについて書いてます。


PC対応ソフト

  • animeze
  • Facerig
  • Vtuber Studio
  • 3tene
  • PrprLive


スマホ 対応アプリ

  • animeze
  • 3nete
  • VtubeStudio
  • 2DR


FaceRig

FaceRig は有料で 1500円ほどのソフトです。

たまーにセールをやっています。

Winsouws版のみ対応で、 キャラクターのモデルは Live2D や 3D にも対応しています。

Live2D を使う場合、追加で Live2D Module (400円ぐらい)を購入する必要があります。

ウエブカメラを使用して、自分の動きに合わせてキャラクターの顔のトラッキングをしてくれます。


FaceRigのサポート終了が2021年12月がという話もありますが、後述する Animaze が開発中なのでよくわかりません。


Facerig

https://store.steampowered.com/app/274920/FaceRig/ 

Live2D Module

https://store.steampowered.com/app/420680/FaceRig_Live2D_Module/ 


Animaze

Animezeは基本無料のソフトです。

開発途中のソフトですが普通に動きます。

FaceRigの後続版なので、FaceRig と同様に Live2D、3D対応してます。

自分のモデルを入れてしっかり使う場合、月550円かかります。

無料だと認識調整が保存出来ないので、継続して使う場合は年2000ほど払って使うことをお勧めします。

https://store.steampowered.com/app/1364390/Animaze_by_FaceRig/


3tene(ミテネ)

3neteは無料~2000円ほどのソフトで、Live2D、3D対応している配信ソフトです。

WindowsとMac版、IPhone ARkit対応していてiPhoneXはフェイストラッキングにも対応しています。

https://3tene.com/


VTube Studio

VTube Studio は基本無料のLive2D専用のソフトです。

スマホ版に対応していますが iPhoneX以降が必須です。

スマートフォンを使ってトラッキングしているため、スマホのカメラを使います。

WindowsとMac版でも使えますが、スマホとPCの連携が必要なので1500円か3000円?ほどかかります。


スマホ版

https://apps.apple.com/jp/app/vtube-studio/id1511435444

PC版

https://store.steampowered.com/app/1325860/VTube_Studio/?l=japanese


VUP 

VUP は無料で使える3Dがメインのソフトですが、Live2Dも使用可能です。

https://store.steampowered.com/app/1207050/VUP_VTuber__Animation__motion_capture__3D__Live2D/


PrprLive

PrprLive は基本無料です。 Live2D Animal Modelsという無料のモジュールを入れる必要があります。

Windowsに対応してます。

高度なカメラ認識が必要な場合は有料

https://store.steampowered.com/app/1279610/PrprLive/


2DR

2DSは基本無料です。

Live2D、3D対応 IPhone ARkit対応しています。

普通のスマホでLive2Dを動かせるアプリです。


iOS版

Android版


どれのLive2D対応ソフトが一番いいか?

スマホ版は使ったことがないのでわかりませんが、 FaceRigの利用者が一番多いです。

ただ FaceRig は有料なので最初に使ってみるとしたら 後続製品で無料のAnimaze がおすすめです。AnimazeはLive2Dだけでなく3Dモデルも対応しているので無難な選択肢だと思っています。


VTube Studio も機能的に FaceRig よりいいという聞きますが、具体的にどの機能が多いのかちょっとわかりませんでした。

スマホを主体としてPCを連携させるので比較的スペックが低いPCでも動くらしい(?)です。

ただPC版は全画面で表示されるので個人的には使いずらいという印象です。


基本的に何を使っても普通に動くので Live2D の利用者が多いFaceRigの後続の Animaze、次に iPhoneを持っている方の場合は VTube Studio の順でおすすめします。

※FaceRig は一番利用者が多いですが、サポート終了の話もでていたのでおすすめなには入れませんでした。


Live2Dのキャラクター

上で記載した内容は動かすソフトの話なので、キャラクターを動かす場合はLive2Dキャラクターモデルが必要になります。


使ってみる程度なら、以下の無料 のLive2Dキャラクターモデル を使ってみてください。

Live2Dの公式データ


Boothの無料配布データ

https://booth.pm/ja/search/Live2D%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB


Facerig用のLive2Dアバター

https://steamcommunity.com/app/274920/workshop/


Animazeのアバター(現状少ない)

https://steamcommunity.com/app/1364390/workshop/


あとはtwitterで無料配布している人を見かけます。


VTuberとしてこれらを使っていくのもありです。

実際、FaceRigの初期状態で入っているキャラクターを使っている方もおられますしね。



VTuber としてオリジナルのキャラクターが欲しい場合は自分で作るか、どこかで依頼して作ってもらわないといけません。


自分でキャラクターを作って、動作パーツも配置するとなかなか難しいので、ココナラ か Live2D の公式の nijima のどちらかで依頼する方が多いです。

nijima は依頼するだけではなく、いろんな製作者様が作ったをキャラクターを購入することもできるので好きなキャラクターがないか是非確認してみてください。


nijimaについてはこの記事で紹介しています。Live2Dに特化しているのでLive2Dでやりたいって人におすすめのサイトです。


VTuber をやってみたいという方に参考になれば幸いです。


コメントを残す