ドメインとURLの違いとは?IPアドレスとの関係もわかりやすく解説

こんにちわ!ヘッポコです!

ドメインとURLとの違いってご存じですか?

知っていたからどうなるという話でもないのですが、もしかしたらサーバーを借りたりする人やアフィリエイターさんなどが知っていたら役に立つかもしれないと思ったので、簡単にサクッと紹介したいと思います。

ドメインとURLの違いとは?

簡単に言えば、ドメインは住所、URLも住所です。

どっちも住所ですが、アパートで考えてみます。

ドメインはアパート全体の住所URLはアパートの住所に部屋の番号が付いたものというイメージをすればOKです。

具体的に見ていきましょう。

例えば、以下の場合、

https://heppoco.biz/001

ドメインはheppoco.bizで、 URLはhttps://heppoco.biz/001となります。。

この https://heppoco.biz/001 のURLをさっきのアパート例に当てはめると、 heppoco.biz というアパートの住所の001という部屋番号を指しているイメージですね。

このようにURLにはドメインが含まれています。

ドメインというの住所がないと、どのアパートの部屋番号かわからないのでURL中には必ずドメインが含まれます。

結論ですが、ドメインとURLの違いは、どこの場所を指しているかの違いです。

文字列をみるとURLは「httpから始まる文字列(例: https://heppoco.biz/001 )」、「ドメインはURLに含まれるドットを含む文字列( heppoco.biz)」です。

どっちも住所なのですが、ドメインはアパートのような全体住所で、URLはその詳細な場所を示しているという点が違うだけです。

ドメインとURLとIPアドレスの関係

下記のようなURLがあったとします。

https://heppoco.biz/001

前述したとおり、全体がURL、 heppoco.biz がドメインでしたね。

それでは、このhttps://heppoco.biz/001 というURLにアクセスしようとするとどういう動きをするのかみてみます。

https://heppoco.biz/001 にアクセスすると、インターネット上でドメインに対応するIPアドレスというものを探しにいきます。

なぜ探しに行くかというと、パソコンやサーバーなどの機械はドメインの文字がどこの住所なのかわからないからです。

ドメインの文字列を読めないと思っていただいても大丈夫です。

IPアドレスとはパソコンなどの機械が読める数字です。

機械は数字しか読めないので、ドメインの文字列をIPアドレスという数字に変換してあげる必要があるのです。

このIPアドレスも実は住所です。

IPアドレスとドメインは何が違うかというと機械が読める住所というだけです。

つまり、ドメインは人間が読める住所IPアドレスは機械が読める住所というだけですね。

ここで、URLにアクセスした際のプロセスをちょっと見ておきます。

先ほど、変換してあげるかというと、単に、ドメインとIPアドレスが対応づけられたサーバーを見に行くだけです。

この ドメインとIPアドレス の対応づけられたサーバーのことをDNS(ネームサーバー)といいます。

URLにアクセスすると以下のようになります。

  1. URLにアクセス
  2. DNSを見に行く
  3. ドメインに対応しているIPアドレスを確認
  4. IPアドレスにアクセス
  5. ページが表示される

https://heppoco.biz/001にアクセスした場合、 DNS(ネームサーバー)というサーバに https://heppoco.biz のドメインはこのIPアドレスですよ記載してあるので、そのIPアドレスにアクセスするとサイトやブログが表示されます。

簡単にした流れで言うと

  1. https://heppoco.biz/001 にアクセス
  2. https://heppoco.biz/001 に対応するIPアドレスの場所へアクセス
  3. サイトが表示される

という感じです。

つまり、URL・ドメインIPアドレスの関係を簡単に言うと、URL中のドメイン名をみて、IPアドレスを確認し、サーバの場所へアクセスしているのです。

まとめ

サクッと簡単にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

URLもドメインもIPアドレスも住所ということで少しわかりずらかったかもしれません。

難しく考える必要はなくて、単純に指す場所が違っていたり、人間が読むか機会が読むかだけの違いだったりするだけなのです。

関係や違いがわからなくても用語として持ち帰っていただきたいので、少し簡単にまとめてみます。

  • URLはhttpから始まる文字列 例) https://heppoco.biz/001
  • ドメインはドットが記載された文字列 例)heppoco.biz
  • IPアドレスはドメインを数字にしたもの

ご参考になれば幸いです!

また、以前にドメインやドメインと関わりの深いサーバーについても記載していますのでよかったらどうぞ。

記事の評価をつけてみてね!
[Total: 0 Average: 0]

コメントを残す